コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウングー Toungoo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウングー
Toungoo

ミャンマー南部,バゴー管区北部,タウングー郡の行政中心地。シッタン川中流西岸にのぞむ。 14世紀からビルマ人の町として繁栄。タウングー朝 (1531~1752) の主要都市となった。国内交易の要衝で,ヤンゴンから北方のピェーに延びる幹線鉄道・道路が通る。米,トウモロコシ,特産のチーク材などの集散地カヤー州へ延びるタウングー道路の起点。人口 17万 5478 (1983) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タウングーの関連キーワードシュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉ナレースエン・マハラートマンナン・ヤーザウィンダビンシュウェティー東南アジア史(年表)アユタヤの日本人町跡タビンシュエティータキン・タン・トンビンニャー・ダラタイ・ビルマ戦役アラウンパヤーカインサ・マヌニャウンヤン朝シャン(民族)ナンダ・バイン東南アジア史コンバウン朝アナウペルンビエンチャントゥングー朝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android