コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカナ[山] Volcán de Tacaná

1件 の用語解説(タカナ[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タカナ[山]【Volcán de Tacaná】

メキシコ南西部,南シエラ・マドレ山脈中の活火山メキシコグアテマラの国境上,太平洋岸近くにある。標高4092m。メキシコの都市タパチュラの北東30kmに位置する。有史以来,活発な火山活動を繰り返していたが,1855年と78年には大噴火を起こした。山頂から山麓へ放射状に走る割れ目噴火であった。その後も活発な噴火を続け,1950年にも硫気の大噴出があった。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タカナ[山]の関連キーワードメキシコ湾メキシコ湾流リオグランデメキシコ地震アメリカメキシコ戦争ニューメキシコメキシコ銀シエラマドレ山脈メキシカンメキシコ・セット

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone