コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タガネソウ(鏨草) タガネソウCarex siderosticta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タガネソウ(鏨草)
タガネソウ
Carex siderosticta

カヤツリグサ科の多年草で,ササスゲとも呼ばれる。山地の林内に普通に生え,日本,朝鮮半島,中国に分布する。地下茎を長く伸ばして繁殖し,しばしば群落をつくる。は5~6枚叢生し,長楕円形または長披針形で長さ 12~32cm,幅 1.5~3cm,スゲ類中特異な形である。5~6月に,葉を失った前年の株から高さ 20~30cmの数本の茎を伸ばし,まばらに花穂をつける。和名は葉の形がたがねに似ていることによる。またササスゲの名も葉の形に基づく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タガネソウ(鏨草)の関連キーワードカヤツリグサ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android