コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タガメ(田亀) タガメ Lethocerus deyrollei

1件 の用語解説(タガメ(田亀)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タガメ【タガメ(田亀) Lethocerus deyrollei】

半翅目コオイムシ科の昆虫(イラスト)。池や沼にすむが,水田という恵まれた環境の中で繁栄してきた水生カメムシで,どこの水田にもふつうであったことからこの名がついたのであろう。この類は最大の水生カメムシであるため,アメリカではgiant water bugと呼んでいる(ヨーロッパにはいない)。カエルや魚も一撃で倒し,他の水生昆虫も捕食する。体長50~65mm,体は暗褐色で,やや長い小判形。タイコウチに似たところもあるが,体の幅は広く,長い呼吸管の代りに短い伸縮自在の1対の呼吸弁がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タガメ(田亀)の関連キーワード泡吹虫牙虫軍配虫子負虫小水虫鍋蓋虫椿象小判虫挙尾虫長椿象

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone