コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクナ=アリカ紛争 タクナ=アリカふんそうTacna-Arica Dispute

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タクナ=アリカ紛争
タクナ=アリカふんそう
Tacna-Arica Dispute

タクナとアリカ両州の帰属をめぐるペルーチリ間の紛争。スペイン植民地時代よりこの地域の帰属は必ずしも明確ではなかったが,太平洋戦争終結後の 1883年に締結されたアンコン条約が新たな紛争の種をまいた。同条約は両州のチリ帰属を一時的に認め,10年後に住民投票によりその最終帰属を決めると規定していたが,投票方式が明記されていなかったため,93年以降その方式をめぐって係争が生じた。両国はアメリカの仲裁に基づく住民投票を再三企画したが実現せず,1929年タクナ州をペルー領,アリカ州をチリ領とすることでようやく和解した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android