コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タケニグサ(竹煮草) タケニグサMacleaya cordata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タケニグサ(竹煮草)
タケニグサ
Macleaya cordata

ケシ科の大型の多年草で,チャンパギクともいう。日本,台湾および中国の暖地に分布する。丘陵地や山地の日当りのよい荒れ地に普通にみられる。根は大型で橙色。茎は高さ 2mにも達する中空の円柱形で,切ると黄色の乳液を出す。葉は大型の広卵形で,縁辺が掌状に中裂し,裏面は白色で細毛を密生する。夏に,茎頂に大型の円錐花序をなして多数の小花をつける。花弁はなく白色の萼片が2枚あり開花後脱落する。果実は扁平な 蒴果で内部に多数の種子を生じる。風で揺れるとこの種子がかさかさと音を立てるのでササヤキグサの別名もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android