コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タケノコガイ(筍貝) タケノコガイ

1件 の用語解説(タケノコガイ(筍貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タケノコガイ【タケノコガイ(筍貝)】

タケノコガイ科Terebridaeの巻貝の総称,またはそのうちの1種を指す。この科に属する日本産の種類は約120ある。殻は堅固で細長く,殻頂のほうへゆるやかに細くなる。巻数は多く,20階をこえることもある。殻表が平滑で模様の美しい種類は貝細工に用いられる。熱帯地方の浅海の砂,または砂泥底にすみ,肉食性。 タケノコガイTerebra subulataイラスト)は殻の高さ15cm,径25cmで細長く,巻きは約20階。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タケノコガイ(筍貝)の関連キーワード雨後の筍揚巻貝逆巻貝筍貝筍笠筍御飯筍虫筍飯筍面

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone