コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タスマニア岩 タスマニアがんtasmanite

岩石学辞典の解説

タスマニア岩

(1) タスマナイト頁岩(tasmanite shale)と同義で,白い石炭.タスマニアの多くの植物胞子を含む油母頁岩[Milligan : 1852].(2) 最初にエルドマンスドルファーとニーランドによって記載されファシン岩(fasinite)と命名された岩石で,後にヨハンセンがtasumaniteと命名した.ゼオライト化したイジョライト質岩石で,チタンオージャイトの大きな斑晶を含み,しばしばエジリン・オージャイトの縁をもっている.石基は粒状で輝石,鉄鉱物,ネフェリン,ハイドロネフェリン(hydronephyeline),フィリップサイト(phillipsite),トムソナイト(Thomsonite),ナトロライト(natrolite),カンクリナイト(cancrinite),メリライト,少量の橄欖(かんらん)石と黒雲母,他に燐灰石とペロブスカイトを含む[Erdmansdorffer & Nieland : 1928, Johansen : 1938].名称はタスマニア(Tasmania)のシャノン・テイアー(Shannon Tier)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

タスマニア岩の関連キーワードタスマナイト

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android