コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢) タチイヌノフグリ Veronica arvensis; wall speedwell

1件 の用語解説(タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)
タチイヌノフグリ
Veronica arvensis; wall speedwell

ゴマノハグサ科の越年草。ヨーロッパ原産で明治初期に渡来し,いまでは帰化雑草として各地の畑や路傍に普通にみられる。春から初夏にかけて,明るい青色の4弁の小花をつける。植物体全体が地面をはうことなく,立上がることと,花柄が短いため結実後果実が上を向いているのでタチイヌノフグリという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)の関連キーワードゴマノハグサ科金魚草小米草胡麻の葉草長葉草飛燕草ホルト草大犬の陰嚢鬼野芥子川萵苣

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone