コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチウオ(太刀魚) タチウオTrichiurus lepturus

世界大百科事典 第2版の解説

タチウオ【タチウオ(太刀魚) Trichiurus lepturus】

スズキ目タチウオ科の海産魚(イラスト)。体が長く,銀白色の体色が太刀を思い起こさせることに由来した名称。英名はribbonfish,またはhairtailといい,体や尾の長さにちなんでいる。ほとんど全世界の暖海域に生息する。日本では北海道南部以南に分布するが,とくに瀬戸内海や東シナ海では漁業の対象となる。腹びれも尾びれもなく,またしりびれも小さな突起として存在するだけである。うろこはない。歯は鋭く,犬歯の先は鉤(かぎ)状に曲がる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タチウオ(太刀魚)の関連情報