コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチウスベニ

海藻海草標本図鑑の解説

タチウスベニ

からだは膜状。盤状根から直立し中を持ち,生長した個体では側葉にも脈がみられる。葉の両縁から側葉が羽状に分岐する。葉の先端は鈍く丸みを帯び,縁辺に は鋸歯を持つ。皮層は小さな細胞が1層並び髄層には無色の大きな細胞が並ぶ。中肋部では髄層は細かく多層になる。手触りは薄いセルロイド質。生体は濃紅 色。押し葉標本は台紙につく。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android