コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タックスヘイブン(租税回避地)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

タックスヘイブン(租税回避地)

法人税などがなかったり極端に安かったりする国・地域。外国資本に子会社ペーパーカンパニーを設立してもらい、そこから得られる登録料収入が歳入の中心。ヘイブンは英語で「港」「避難所」の意。フランス語では「パラディ・フィスカル」(税金天国)が使われる。

(2008-04-11 朝日新聞 朝刊 2外報)

タックスヘイブン(租税回避地)

法人税や所得税などの税金がゼロか極めて低率な国や地域。カリブ海や欧州の一部に多い。低税率、銀行情報の秘匿を売りにしており、国外資本の会社やファンドの設立を促し、資金を呼び込んでいる。国際社会からは、不透明な金の流れを助長し、脱税マネーロンダリング温床になっていると批判されている。

(2010-09-30 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

タックスヘイブン(租税回避地)の関連キーワードヘッジ・ファンド(Hedge Fund)タックスヘイブン Tax Havenケイマン(Cayman)オフショア・センタータックスシェルターオフショアファンドタックスヘイブンケイマン諸島グーグル税租税回避地パナマ文書キプロス租税競争無形資産租税回避法人税税逃れ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タックスヘイブン(租税回避地)の関連情報