タックスヘイブン(租税回避地)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

タックスヘイブン(租税回避地)

法人税などがなかったり極端に安かったりする国・地域。外国資本に子会社ペーパーカンパニーを設立してもらい、そこから得られる登録料収入が歳入の中心。ヘイブンは英語で「港」「避難所」の意。フランス語では「パラディ・フィスカル」(税金天国)が使われる。

(2008-04-11 朝日新聞 朝刊 2外報)

タックスヘイブン(租税回避地)

法人税や所得税などの税金がゼロか極めて低率な国や地域。カリブ海や欧州の一部に多い。低税率、銀行情報の秘匿を売りにしており、国外資本の会社やファンドの設立を促し、資金を呼び込んでいる。国際社会からは、不透明な金の流れを助長し、脱税マネーロンダリング温床になっていると批判されている。

(2010-09-30 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タックスヘイブン(租税回避地)の関連情報