コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タックスヘイブン対策税制

1件 の用語解説(タックスヘイブン対策税制の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

タックスヘイブン対策税制

香港など税率の低い国・地域に子会社をつくって所得をため、課税逃れをされないよう、子会社の所得を日本の親会社の所得とみなして課税する制度。現在は現地の税率が20%以下が対象。適用除外の規定があり、製造業なら、同一国内で自前の工場などの施設を持ち、事業を管理・運営するなど実態があれば適用されない。また、卸売業、銀行業、金融商品取引業、水運業、航空運送業なども一定の条件を満たせば除外される。

(2011-09-29 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タックスヘイブン対策税制の関連情報