コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タックス・ヘイブン対策税制 たっくす・へいぶんたいさくぜいせい

1件 の用語解説(タックス・ヘイブン対策税制の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

タックス・ヘイブン対策税制

所得に対する課税がない場合や、他国に比較して極めて低い税率での課税をしている国・地域に子会社等を設立し、租税負担の軽減をはかることに対応するため、事業体としての実体を備えておらず、その地域で活動することにつき十分な経済的合理性がない場合については、それらの出資者等である内国法人に対して、その子会社等の留保所得につき合算して課税する旨の規制をおいています。当該規制をタックス・ヘイブン対策税制といいます。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タックス・ヘイブン対策税制の関連キーワード課税所得貯蓄性向分離課税法人事業税黒字赤字源泉課税所得課税株式譲渡益・配当所得への減税譲渡益課税

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タックス・ヘイブン対策税制の関連情報