コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タツタソウ(竜田草) タツタソウJeffersonia dubia; twinleaf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タツタソウ(竜田草)
タツタソウ
Jeffersonia dubia; twinleaf

メギ科の多年草で,イトマキグサともいう。北朝鮮,中国東北地方からアムール川流域にかけて分布し,日本へは日露戦争時に通報艦『竜田』の乗組員が持帰ったという。葉は根生で,長い柄をもち腎臓状心臓形。早春に,若葉とともに長い花柄を多数出し先端に淡紫色の美しい花を1つずつつける。山草として愛好家の間で栽培されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android