コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タツナミソウ(立浪草) タツナミソウScutellaria indica; skullcap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タツナミソウ(立浪草)
タツナミソウ
Scutellaria indica; skullcap

シソ科の多年草で,アジアの南東部の暖温帯に広く分布し,北海道を除く日本各地の丘陵地林下に生じる。根茎は短くはい,茎は直立し白毛が密生する。径1~2.5cmの心臓形で有柄の葉が対生する。初夏に,茎の頂部に長い花穂を出し,紫色唇形花が2列に並んで一方を向いて開く。花の様子が泡立つ波に似ているのでこの和名があるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タツナミソウ【タツナミソウ(立浪草) Scutellaria indica L.】

丘陵や山ろくの道端に生えるシソ科の多年草(イラスト)。和名は花が並んで咲く様子を波頭に見立てたものである。タツナミソウ属Scutellariaの英名はskullcap。茎は短くはった根茎から立ち上がり,四角形で高さ20~40cmとなり,密に開出毛があってほとんど分枝しない。葉は対生し,卵状心形で両面ともに軟毛があり,長さ1~3cm,縁には鈍鋸歯があり,葉柄がある。花は茎の先端に花穂を作って,5~6月ころに一方向を向いて開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android