コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タナゴ(鱮) タナゴ

世界大百科事典 第2版の解説

タナゴ【タナゴ(鱮)】

コイ目コイ科タナゴ亜科の1種,広義にはタナゴ亜科に属する淡水魚の総称。タナゴAcheilognathus moriokae(イラスト)は日本特産種で関東地方と東北地方の太平洋側に分布。平野部の湖沼やこれらに連なる小河川などにすむ。雑食性。産卵期は4~6月で,生きた二枚貝(カラスガイ,ドブガイなど)の鰓葉(さいよう)中に産卵する。タナゴ類中では体の細長いほうに属する。側線は完全。体側に前端がとがった青緑色の細長い縦帯とえらぶたの上端に小さな暗緑色の斑点とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android