コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タナ たな

知恵蔵の解説

タナ

魚が餌を取ったり遊泳したりする層のこと。この層をどう読むかによって、釣果は大きく違ってくる。水面をトップ・ウオーター、水面下の浅い部分をシャロー、水中の中間層をミドル、底に近い部分をディープ、水底をボトムともいう。ヘラブナ釣りでは、浅いタナを釣るのをカッツケ、中間層を宙釣り、底付近を底釣りという。

(森田秀巳 アウトドアライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

タナの関連キーワードフォンターナ(Domenico Fontana)フォンターナ(Nicolo Fontana)フォンターナ(Lucio Fontana)フォンターナ(Carlo Fontana)カーティアワール半島バンダルスリブガワンスザンネ クラッテンシャトルンジャヤ山ターミネーター3ウインドウズ10マストロヤンニ青ナイル[川]タナトスの画家メルー国立公園サナトロジーバハルダールタルターリアキリキザンタナミ砂漠青ナイル滝

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タナの関連情報