タニウツギ(谷空木)(読み)タニウツギ(英語表記)Weigela hortensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニウツギ(谷空木)
タニウツギ
Weigela hortensis

スイカズラ科の落葉低木で,北海道と本州の日本海側斜面の山地に生える。庭園でもしばしば観賞用として栽培される。葉は卵形ないし長楕円形で,若葉のときには疎毛をもつがのちに無毛となる。初夏に,小枝の先端および葉腋に集散花序をなして長さ3~4cmの筒状漏斗形の紅色の花をつける。本種の変種であるベニウツギ W. hortensis var. spontaneaは,花序が密につき,花色,特につぼみのときの色が濃い。観賞用として庭園などに栽植される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android