コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タニウツギ(谷空木) タニウツギWeigela hortensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニウツギ(谷空木)
タニウツギ
Weigela hortensis

スイカズラ科の落葉低木で,北海道と本州の日本海側斜面の山地に生える。庭園でもしばしば観賞用として栽培される。葉は卵形ないし長楕円形で,若葉のときには疎毛をもつがのちに無毛となる。初夏に,小枝の先端および葉腋に集散花序をなして長さ3~4cmの筒状漏斗形の紅色の花をつける。本種の変種であるベニウツギ W. hortensis var. spontaneaは,花序が密につき,花色,特につぼみのときの色が濃い。観賞用として庭園などに栽植される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タニウツギ(谷空木)の関連キーワードニシキウツギ(二色空木)スイカズラ科

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android