コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タニウツギ(谷空木) タニウツギWeigela hortensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニウツギ(谷空木)
タニウツギ
Weigela hortensis

スイカズラ科の落葉低木で,北海道と本州の日本海側斜面の山地に生える。庭園でもしばしば観賞用として栽培される。葉は卵形ないし長楕円形で,若葉のときには疎毛をもつがのちに無毛となる。初夏に,小枝の先端および葉腋に集散花序をなして長さ3~4cmの筒状漏斗形の紅色の花をつける。本種の変種であるベニウツギ W. hortensis var. spontaneaは,花序が密につき,花色,特につぼみのときの色が濃い。観賞用として庭園などに栽植される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タニウツギ(谷空木)の関連キーワードニシキウツギ(二色空木)スイカズラ科

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android