コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヌキマメ(狸豆) タヌキマメCrotalaria sessiliflora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タヌキマメ(狸豆)
タヌキマメ
Crotalaria sessiliflora

マメ科の一年草。アジアの東部と南東部の暖帯から熱帯にかけて広く分布する。日本では本州,四国,九州の原野土手草地に生える。は直立し,上部でわずかに分枝することがあるが,通常分枝せず単立する。葉は長さ数 cmの線形ないし披針形で,表面は無毛であるが,裏面には茎と同様の褐色の細毛を密生する。夏から秋にかけて,茎の先端に穂状花序をなして青紫色の小さな蝶形花を密につける。豆果は長楕円形で表面はなめらかで,毛はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タヌキマメ【タヌキマメ(狸豆) Crotalaria sessiliflora L.】

萼が褐色の長毛におおわれている様子をタヌキに見立てたといわれるマメ科の一年草(イラスト)。平地や丘陵などの日当りのよい草むらに生え,高さ20~70cm。葉は日本のマメ科植物の中では珍しい1枚だけの小葉からなり,線形または披針形で,長さ4~11cm,先はとがる。7~9月に茎の先に花を穂のような総状花序に,2~20花つけ,下から上に順次開花し,結実してゆく。花は青紫色の蝶形花で,基部はにおおわれる。萼は花後も生長して果実をおおう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android