コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヌキモ類 タヌキモるいUtricularia; bladderwort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タヌキモ類
タヌキモるい
Utricularia; bladderwort

タヌキモ科の水生食虫植物。大別してタヌキモの仲間とミミカキグサ (耳掻草) の仲間とがある。タヌキモは池や沼に浮ぶ水草で,根はなく茎には密に葉が互生する。葉は細かく羽状に裂けその一部が捕虫嚢になり,これで水中のプランクトンを捕える。タヌキモのほか,ノタヌキモコタヌキモなどの近縁種がある。ミミカキグサは湿地に生え地中浅く糸状の白い地下茎がはい,まばらに捕虫嚢をつける。葉は地下茎のところどころから地上に伸び小さな線形またはへら形で,緑色をしている。夏から秋にかけて,細長い花茎を出し上部に数個の白色,黄色,淡紫色,紫色などの花をつける。ミミカキグサのほかムラサキミミカキグサ,ホザキノミミカキグサなどの種がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android