コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タネーエフ

世界大百科事典 第2版の解説

タネーエフ【Sergei Ivanovich Taneev】

1856‐1915
ロシアの作曲家。チャイコフスキーに次ぐ世代では,最も尊敬されている。教養のある貴族の家に生まれ,5歳からピアノを学んだ。1866年,モスクワ音楽院開設と同時に入学し,ピアノをN.G.ルビンシテイン,作曲をチャイコフスキーに師事。師のあとを継いでモスクワ音楽院で教鞭をとり,ラフマニノフスクリャービンをはじめとする多くの弟子を育てた。ネーデルラント楽派以来の西欧の技法を深く研究し,同時に国民楽派の人たちとも親しく交わり,ロシア古典音楽の発展に著しい貢献をした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タネーエフの関連キーワードサンクト・ペテルブルグ・フィルハーモニー管弦楽団タネーエフ, アレクサンドル・セルゲエヴィチアレキサンドル スクリャービンレインゴリド グリエールロシア国民楽派グレチャニノフ11月25日ロシア音楽リャプノフグリエール

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android