コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タビラ Tavira

デジタル大辞泉の解説

タビラ(Tavira)

ポルトガル南部の都市。ジラオン川の河口に位置する。紀元前よりフェニキア人ギリシャ人の港が置かれ、現在も古代ローマ時代に築かれた橋が残っている。イスラム支配時代の建物をポルトガル王ディニス1世が改築した城塞や、モスク跡に建てられたゴシック式のサンタマリア‐ド‐カステロ教会などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タビラ
たびら / 田平
[学]Acheilognathus tabira

硬骨魚綱コイ目コイ科に属する淡水魚。全長8~11センチメートル程度で、側線は完全、1対の短いひげをもつ。婚姻色の地方差異から、近畿・山陽地方のシロヒレタビラ、関東・東北・北陸・山陰地方のアカヒレタビラ、九州のセボシタビラの三亜種に分けられる。[水野信彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タビラの関連キーワードコオニタビラコ(小鬼田平子)ビルトイン・スタビライザーオニタビラコ(鬼田平子)キュウリグサ(胡瓜草)カメラスタビライザーマイルドリセッションaero partsフィンスタビライザーウシノシタ(魚類)スチルプノライトスタビライザージャコティンガコオニタビラコアカシタビラメミズタビラコイタビラ鉄山バッドホールヤブタビラコオニタビラコキュウリグサ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android