コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タブッキ Tabucchi, Antonio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タブッキ
Tabucchi, Antonio

[生]1943.9.24. イタリア,ピサ
[没]2012.3.25. ポルトガル,リスボン
イタリアの作家,学者。ユーモアを織り交ぜた叙情あふれる小説を執筆。作品の多くにポルトガルへの愛情がにじみ,ポルトガル語でサウダージ saudadeと呼ばれる郷愁感や自然との一体感を描いた。ピサ大学で文学を学び,ジェノバ大学およびシエナ大学でポルトガル文学を教えた。リスボンのイタリア文化会館理事を務め,フェルナンド・ペソアをはじめとするポルトガルの作家の作品を翻訳した。代表作に『インド夜想曲』Notturno indiano(1984),『取るに足らない小さな行き違い』Piccoli equivoci senza importanza(1985),『供述によるとペレイラは……』Sostiene Pereira(1994)など。『供述によるとペレイラは……』は,1938年のサラザール独裁政権下のリスボンを舞台に,中年新聞記者が期せずして政治活動に巻き込まれていく様子を描いた作品で,イタリアのシルビオ・ベルルスコーニ首相への批判と解釈された。タブッキ本人は,エッセーや新聞のコラムではベルルスコーニをもっと直接的に糾弾した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

タブッキ

ジェノバ大学でポルトガル文学を教える,イタリアの作家。研究分野との関連で,ポルトガルのシュルレアリスト詩人たちやペソアの作品の選集を編む作業に携わっている。作家としては,小説《イタリア広場》(1975年),《小さな船》(1978年)を発表しているが,短編集《あべこべゲーム》(1981年)で新世代の作家として注目を集めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

タブッキ【Antonio Tabucchi】

1943~ ) イタリアの小説家。連作形式による断章を集めた幻想譚を得意とする。代表作に「インド夜想曲」「黒い天使」「レクイエム」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

タブッキの関連キーワードティム パークスレクイエム須賀 敦子黒い天使須賀敦子小説家代表作断章

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android