コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマイタダキ

海藻海草標本図鑑の解説

タマイタダキ

からだは扁平線状。枝は規則正しく互生に出し,縁辺には三角形小枝がノコギリの歯のように互生に並ぶ。小枝の先端から枝を伸ばしたり,成熟した個体では 嚢果をつける。付着器は盤状。細胞層は髄層には中心の大きな細胞を小形の細胞が囲むようにならび,さらにそのまわりに無色の大型細胞が周りを埋める。皮層 は小さな細胞が多数密にならび,中肋部分で厚くなる。手触りは柔らかい。生体は紅色。 弱りやすく,採集後にはオレンジ色に変色し崩れてしまうので注意する。似たものとしてキジノオがあるが,キジノオは三角形の小枝と小枝の間から枝や嚢果を出すので容易にわかる。またタマイタダキの方が手触りが柔らかい。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

タマイタダキの関連キーワードタマイタダキ(玉戴)キジノオ(雉の尾)ハマクマノミクマノミ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android