コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマガヤツリ(球蚊帳吊) タマガヤツリCyperus difformis; umbrella sedge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマガヤツリ(球蚊帳吊)
タマガヤツリ
Cyperus difformis; umbrella sedge

カヤツリグサ科の中型の一年草。世界中の温帯から暖帯に広く分布し,日本各地の水田や湿地に普通にみられる。は太く,高さ 40~50cmで叢生し少数の葉をつける。夏から秋にかけて,葉の間から3稜柱形の稈を出し,先端に球状花序をなして多数の小花をつける。和名は,花序が球形のカヤツリグサの意。近縁種に最近アメリカ大陸より帰化したメリケンガヤツリ C. eragrostisがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android