タマスダレ(玉簾)(読み)タマスダレ(英語表記)Zephyranthes candida; zephyr lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマスダレ(玉簾)
タマスダレ
Zephyranthes candida; zephyr lily

ヒガンバナ科の多年草アルゼンチンのラプラタ地方の原産で明治初期に日本に伝えられ,観賞用として栽培される。皮の黒い球根があり狭線形常緑の葉が多数叢生する。夏から秋に,葉の間から高さ 30cmほどの花茎を数本出し,頂部に1個ずつ白色の花をつける。日本で栽培されるおもなものには本種のほかに,ピンクの花をつけるサフランモドキ Z. carinataやスジタマスダレ Z. verecundaなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android