コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマハハキモク

海藻海草標本図鑑の解説

タマハハキモク

付着器は小さく平たい盤状(直径1.5cm程度まで)。茎は円柱状で,長さ2cm,直径2〜3mm程度で,茎の頂端 から螺旋状に数本の長い主枝を出す。主枝はやや角張り,ゆるくねじれる。葉は下部では長楕円形〜被針形,上部では小さく,菱形やくさび形,半葉形となり, 不規則な鋸歯を持つが,中肋ははっきりしない。気胞は小さく球形〜卵形で,頂端は丸いかわずかな突起を持つ。冬から初夏に成熟する。生殖器床は細い円柱 状。雌雄同株。日本から輸出された種カキに付随して海 外にも運ばれたと考えられており,1950年代にアメリカ,1970年代にヨーロッパで確認され,分布を広げている。海外ではjapanese seaweedと呼ばれ,嫌われているようだ。海外では4m以上に達するものも多いという。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

タマハハキモクの関連キーワードウミトラノオホンダワラ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android