タマミル

海藻海草標本図鑑の解説

タマミル

からだは中実な球形〜卵形。分枝は無い。小嚢はナガミルよりもさらに大きく,日本産ミル属の中で最も大きい。そのため,肉眼でも小嚢を容易に認識する事が できる。かわいらしい形で,手触り弾力があり,一度手に取ると忘れられない海藻の1つ。生体は緑色〜濃緑色。押し葉標本は台紙によくつかない。 種小名minor 」は「 より小さい 」の意味。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android