コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマミル

海藻海草標本図鑑の解説

タマミル

からだは中実な球形〜卵形。分枝は無い。小嚢はナガミルよりもさらに大きく,日本産ミル属の中で最も大きい。そのため,肉眼でも小嚢を容易に認識する事が できる。かわいらしい形で,手触り弾力があり,一度手に取ると忘れられない海藻の1つ。生体は緑色〜濃緑色。押し葉標本は台紙によくつかない。 種小名minor 」は「 より小さい 」の意味。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

タマミルの関連キーワードミル(海松)ミル(海藻)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android