コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマリンドの木 タマリンドのき

大辞林 第三版の解説

タマリンドのき【タマリンドの木】

マメ科の常緑高木。南アジア・アフリカ原産で熱帯で広く栽培される。豆果は多肉で甘酸味があり、食用・酢の原料、壊血病の治療薬などにする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

タマリンドの木の関連キーワードタマリンド壊血病マメ科多肉食用甘酸熱帯

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android