コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タムシバ(田虫葉) タムシバMagnolia salicifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タムシバ(田虫葉)
タムシバ
Magnolia salicifolia

モクレン科の落葉高木で,カムシバ (噛柴) ,サトウシバなどの別名がある。本州,九州,四国に分布し,西日本や日本海側の山地に多い。幹は直立し,高さ 2mぐらいでまばらに分枝する。樹皮は灰色で平滑。披針形ないし卵状披針形の葉が互生し,早春に,大きな白色花を各枝先に1花ずつつける。花弁は6枚,萼片は3枚でともに白色,おしべ,めしべは多数ある。コブシの花によく似ているが,やや長く,また萼片と花弁の区別がコブシのようには明瞭でない。果実は袋果で多数が集り,楕円体になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android