コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラッサ Thalassa

デジタル大辞泉の解説

タラッサ(Thalassa)

海王星の第4衛星。1989年にボイジャー2号の接近で発見された。名の由来はギリシャ神話の海の女神。海王星系で2番目に内側の軌道を公転しており、ナイアッドなどと同じく、いずれは海王星に落下すると考えられる。非球形で平均直径は約80キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

タラッサの関連キーワードフェレンツィパンゲア三畳紀地球

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android