コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラバガニ(鱈場蟹) タラバガニ Paralithodes camtschaticus

1件 の用語解説(タラバガニ(鱈場蟹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タラバガニ【タラバガニ(鱈場蟹) Paralithodes camtschaticus】

寒海性のタラバガニ科の甲殻類で,水産業上の最重要種の一つ(イラスト)。タラ漁の漁船員が,網をあげるときにちょっとなまけていて,網が海底に降りてしまい,しばらくしてあわてて引きあげたところ,見慣れないカニがかかっていた。これがタラバガニ漁の初めといわれ,名もこれによる。その後しばらくは利用されず捨てられていたといわれる。明らかにカニ形で,英名はking crab,和名もカニがあてられているが,雌の腹部が左右不相称で,左側にのみ腹肢があること,最後の胸脚が小さくて鰓室(さいしつ)にさし込まれていることなどの特徴から分類学的にはカニ類(短尾類)ではなく,ヤドカリ類(異尾類)に含められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タラバガニ(鱈場蟹)の関連キーワードズワイガニタラバガニ菱蟹琵琶蟹荊蟹珊瑚蟹鱈場蟹泥蟹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone