タラバガニ(鱈場蟹)(読み)タラバガニ(英語表記)Paralithodes camtschaticus

世界大百科事典 第2版の解説

タラバガニ【タラバガニ(鱈場蟹) Paralithodes camtschaticus】

寒海性のタラバガニ科の甲殻類で,水産業上の最重要種の一つ(イラスト)。タラ漁の漁船員が,網をあげるときにちょっとなまけていて,網が海底に降りてしまい,しばらくしてあわてて引きあげたところ,見慣れないカニがかかっていた。これがタラバガニ漁の初めといわれ,名もこれによる。その後しばらくは利用されず捨てられていたといわれる。明らかにカニ形で,英名はking crab,和名もカニがあてられているが,雌の腹部が左右不相称で,左側にのみ腹肢があること,最後の胸脚が小さくて鰓室(さいしつ)にさし込まれていることなどの特徴から分類学的にはカニ類(短尾類)ではなく,ヤドカリ類(異尾類)に含められる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android