コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タリアコッツォの戦い タリアコッツォのたたかいBattle of Tagliacozzo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タリアコッツォの戦い
タリアコッツォのたたかい
Battle of Tagliacozzo

1268年イタリア中部のタリアコッツォにおけるシチリア王シャルル1世(アンジュー伯。イタリア名カルロ1世)とホーエンシュタウフェン家のコンラディン(コンラート4世の子)との戦い。アンジュー伯シャルルは教皇の要請で大軍を率いてイタリアに入り,1266年ベネベントでシチリア王マンフレート(フリードリヒ2世の庶子)を破ってシチリア王シャルル1世となった。これに対してシチリア王位の奪回を目指すコンラディンがドイツから兵を進めたが,捕われてナポリで処刑され,ホーエンシュタウフェン家によるイタリア支配再興の望みは絶たれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タリアコッツォの戦いの関連キーワードクレメンス4世元(中国の王朝)シルバー人材センター国民医療研究所の調査恵信尼瑩山紹瑾八宗綱要フィリップ北条時宗名語記

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android