コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルガタジュズモ

1件 の用語解説(タルガタジュズモの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

タルガタジュズモ

からだは細長い糸状。付着器は盤状で直立し叢生する。分枝は見られず,肉眼的大きさの細胞が一列に並ぶ。藻体の上部にいくにつれ細胞は大きくなる。細胞の形状は円柱状から樽型。通常,捻れや縮れなどは見られず,体は絡み合わない。手触りは若干硬め。生体は濃緑色から緑色。よく似たものとしてタマジュズモがあり,体上部において細胞間がより強くくびれており,細胞の形状が球形となる。また,生育場所が潮間帯中部から下部とタルガタジュズモより深いところとなり,色もやや明るい緑色ではあるが,区別が付きにくい事もある。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タルガタジュズモの関連キーワードアカモクイギス繊維紐形動物乙姫の花笠糸状箒虫細長いオニクサヒジキ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone