タルク(読み)たるく(英語表記)Luis Taruc

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タルク(Luis Taruc)
たるく
Luis Taruc
(1913―2005)

フィリピンの革命家。ルソン島パンパンガ州生まれ。1933年社会党入党。1938年社共合同のフィリピン共産党政治局員。1942年抗日人民軍(フクバラハップ)創設とともに総司令官に就任。1948年以来の反政府武装闘争を指導したが、党中央と離反し1954年投降。1968年マルコス大統領の特赦で出獄ののち国民議会議員。フィリピン解放闘争史を自伝的に記述した著書『Born of the People』は有名。[黒柳米司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タルクの関連情報