コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルノブジェク タルノブジェクTarnobrzeg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルノブジェク
Tarnobrzeg

ポーランド南東部,ポトカルパツキェ県の都市。ウィスワ川の右岸,ルブリン南西約 100kmに位置する。 1593年都市権獲得。 1918~19年の農民運動の中心地。第2次世界大戦中はドイツ占領軍に対して激しい抵抗運動を展開した。化学工業の中心地。 1954年,埋蔵量世界有数の硫黄の鉱床が発見され,のち硫酸工場,リン酸肥料工場をもつ大コンビナートが建設されて,大きく発展した。機械,食品加工,繊維などの工業も行なわれる。人口5万 287 (2002) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone