コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルバガタイ[山脈] タルバガタイ

百科事典マイペディアの解説

タルバガタイ[山脈]【タルバガタイ】

カザフスタン共和国と中国新疆ウイグル自治区北西境にある東西約300kmの山脈。最高点は2992mのタスタウ山。ほとんど樹木がない。南北両麓に主要隊商路が通じ,南麓に国境交易都市塔城(ターチョン)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タルバガタイ[山脈]【Tarbagatai】

中央アジア,カザフスタン共和国東部から中国の新疆ウイグル自治区の北西部にかけて高まる顕著な中山性の山脈。東半は両国の国境をなす。東西の長さ約300km。山体はケツ岩,石灰岩,砂岩,所により花コウ岩が広く露出する。最高点はカザフスタン側のタスタウ山(2992m)。乾燥地帯にあるために水系の発達は悪いが,北斜面の川の水はザイサン湖に注ぎ(最下流はオビ川となって北極海へ流入する),南斜面の川の水は内陸湖で塩湖のアラコリ湖へ注ぐが,乾季にはすべて末無川となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android