タルマン・デ・レオー(英語表記)Gédéon Tallemant des Réaux

世界大百科事典 第2版の解説

タルマン・デ・レオー【Gédéon Tallemant des Réaux】

1619‐92
フランスの文人新教徒の富裕な金融業者の子としてラ・ロシェルに生まれ,一家と共にボルドーに,次いで1634年にはパリに移り住み,その地で没した。38年,のちのレ枢機卿とローマに旅して詩人ボアテュールを知り,おそらくその紹介で有名なランブイエ侯爵夫人のサロンの常連になった。またラ・フォンテーヌ,フュルティエールなど多くの文人を友とし,さまざまなサロンにも出入りした。この間に見聞した話をもとにして,57年から,おもに上流社会の人物に関する《小伝集》を書きはじめ,2年後にはほぼ完成したといわれるが,その原稿は長く埋もれて1833‐35年にはじめて刊行された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android