タルン[川](英語表記)Le Tarn

世界大百科事典 第2版の解説

タルン[川]【Le Tarn】

フランス南部を流れるガロンヌ川右岸の支流。全長約375km。マシフ・サントラル南部の最高峰ロゼールLozère(標高1702m)に源を発し,西流してモアサック付近でガロンヌ川に合流する。上流のソーブテール,メジャン両高原を分かつ部分では石灰岩の深い峡谷をつくり,周辺では牧畜(牛)が盛ん。中・下流域ではブドウ栽培が行われ,アルビは電力と石炭を利用した工業の中心地。【小野 有五】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android