コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルンエガロンヌ県 タルンエガロンヌTarn-et-Garonne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルンエガロンヌ〔県〕
タルンエガロンヌ
Tarn-et-Garonne

フランス南西部,ミディピレネー地域 (レジオン) の県。革命以前はギュイエンヌエガスコーニュ州に属していた。県都モントーバン。アキテーヌ盆地東部にあり,北東部はマシフサントラル (中央山地) に続く台地。南西部はガロンヌ川とその支流タルン川,アベロン川などが流れて,肥沃な土壌を形成。コムギ,トウモロコシ,果樹 (ブドウ,モモなど) が広く栽培され,酪農も盛ん。小都市が散在し,食品,繊維,電機,皮革などの軽工業が立地している。モアサックは美しい回廊をもつ 11世紀の修道院で知られる。面積 3718km2。人口 20万 220 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タルンエガロンヌ県の関連キーワードサン・ピエール修道院聖堂[モアサック]ケルシー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android