コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンパク質合成(蛋白質合成) たんぱくしつごうせい protein synthesis

翻訳|protein synthesis

1件 の用語解説(タンパク質合成(蛋白質合成)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たんぱくしつごうせい【タンパク質合成(蛋白質合成) protein synthesis】

生物は細胞内で20種類のアミノ酸を重合させ,機能をもつ多種類のタンパク質分子を合成する。おのおのの種類のタンパク質分子は,定まったアミノ酸配列をもち,配列順序に関する情報は,遺伝子DNA上に塩基配列として書き込まれている。1個のアミノ酸に関する情報は,3個の隣り合った塩基配列(トリプレット)として書かれ,この3塩基の連なりコドンcodonと呼ぶ。例えば,100個のアミノ酸残基よりなる特定のタンパク質分子種を考えた場合,遺伝子DNA上の300塩基の連なりの部分が,このタンパク質のアミノ酸配列を規定する遺伝情報になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タンパク質合成(蛋白質合成)の関連キーワードナイロンアミノ酸醤油アミノアシラーゼアミノアシルtRNAシンテターゼアミノ酸拮抗作用アミノ酸パターンアミノ酸プール制限アミノ酸第一制限アミノ酸分枝アミノ酸アミノトランスフェラーゼ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone