タンブアワーク(英語表記)tambour work

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンブアワーク
tambour work

針の先端についた特殊な鉤でつくられるチェーンステッチによる刺繍。名称は布を張る枠がタンバリン形であることによる。東洋に発生し,ペルシア,トルコを経て,18世紀に西洋に伝えられた。当初は厚地に金銀糸,多彩な色糸で刺したが,西洋では薄いネットやモスリンに単色で刺したレース風の技法が発達した。アイルランドのリマリックレースはことに名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android