コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンブアワーク tambour work

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンブアワーク
tambour work

針の先端についた特殊な鉤でつくられるチェーンステッチによる刺繍。名称は布を張る枠がタンバリン形であることによる。東洋に発生し,ペルシア,トルコを経て,18世紀に西洋に伝えられた。当初は厚地に金銀糸,多彩な色糸で刺したが,西洋では薄いネットやモスリンに単色で刺したレース風の技法が発達した。アイルランドのリマリックレースはことに名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android