コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンブアワーク タンブアワークtambour work

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンブアワーク
tambour work

針の先端についた特殊な鉤でつくられるチェーンステッチによる刺繍。名称は布を張る枠がタンバリン形であることによる。東洋に発生し,ペルシア,トルコを経て,18世紀に西洋に伝えられた。当初は厚地に金銀糸,多彩な色糸で刺したが,西洋では薄いネットやモスリンに単色で刺したレース風の技法が発達した。アイルランドのリマリックレースはことに名高い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android