コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タン・マラカ Tan Malaka

世界大百科事典 第2版の解説

タン・マラカ【Tan Malaka】

1897‐1949
インドネシアの思想家,革命家。西スマトラの敬虔なイスラム教徒の家に生まれ,1913年オランダに留学。滞在中,第1次世界大戦とロシア革命に触れて社会主義への傾斜を深め,祖国解放を目指す。帰国後,教員生活を経てインドネシア共産党に入党,21年同党議長に就任し反植民地闘争を指導したが,翌年追放。以後42年に帰国するまで,ソ連,中国,フィリピン,タイ,シンガポールなどで,初めはコミンテルンの工作員として活動し,27年には武装蜂起で壊滅した共産党に代わるインドネシア共和国党を設立し独自の運動を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のタン・マラカの言及

【七月三日事件】より

…この事件では,後者がシャフリル首相ら外交派の政府要人を拉致し,権力の奪取をはかったとされる。計画は失敗してタン・マラカら闘争派は封じ込められ,以後,シャフリルの親西欧協調路線が大枠としてインドネシアの政治をリードする契機になった。事件には謎が多く,反対派の一掃を狙った政府の陰謀という説もある。…

※「タン・マラカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タン・マラカの関連キーワードアダム・マリクタン・マラカアリミンスカルノムソ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android