コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヴォラト岩 タヴォラトがんtavolatite

岩石学辞典の解説

タヴォラト岩

リューサイトに富む火山岩で,火山性集塊岩として産出する.大きなリューサイト,サニディン,アウイン斑晶が,リューサイト,アウイン,エジリンオージャイトの石基に含まれる岩石で,少量のネフェリン,アルカリ長石,ラブラドライト,石榴石などを伴っている[Washington : 1906].霞岩とリューサイト粗面岩またはテフル岩の中間の岩石である.イタリア,ローマ(Rome)南西,ヴィア・アピア(Via Appia)のタヴォラト(Osteria de Tavolato)に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android