コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターク・イ・ブスターン Tāq‐i Bustān

世界大百科事典 第2版の解説

ターク・イ・ブスターン【Tāq‐i Bustān】

イラン北西部,ケルマンシャーの北東約12kmにあるササン朝中・後期の磨崖浮彫遺跡。ターケ・ボスターンTāq‐e Bostānともいう。地名は〈庭園のアーチ〉の意。中期のものに,アルダシール2世(在位379‐383)がアフラ・マズダと太陽神ミトラから王権を授与されている場面を浮彫したいわゆる〈王権神授図〉,イーワーン形の小洞内にシャープール2世(在位309‐379)とシャープール3世(在位383‐388)を浮彫した記念碑がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のターク・イ・ブスターンの言及

【ササン朝美術】より


【彫刻】
 彫刻を代表するものは磨崖浮彫で,現在30余点が知られている。その大部分はササン朝の発祥地ファールス地方に残り,その他の例はクルディスターン地方のターク・イ・ブスターン,アゼルバイジャン地方のサルマースにあるだけである。年代もターク・イ・ブスターン以外はすべて4世紀前半までのものである。…

※「ターク・イ・ブスターン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android