コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターハー・フサイン Ṭāhā Ḥusayn

1件 の用語解説(ターハー・フサインの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ターハー・フサイン【Ṭāhā Ḥusayn】

1889‐1973
エジプトの誇る碩学で,アミード・アルアダブ(文学の巨柱)の称号を与えられ,作家でもある。エジプト,ミニヤー県のマガーガ村で,父が製糖会社で働く貧しい家庭に生まれた。3歳の時眼炎にかかり,それが原因で失明。9歳にしてコーランを暗記し,やがてアズハルに入った。そのあたりの経緯は彼の自伝的作品《アイヤームal‐Ayyām(日々の書)》(邦訳あり)に詳しく語られている。〈アブーアラーの回想〉を博士論文に仕上げ,渡仏した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ターハー・フサインの関連キーワードエジプト暦出エジプト記ノモスエジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト行進曲エジプト風

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone