コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターハー・フサイン Ṭāhā Ḥusayn

1件 の用語解説(ターハー・フサインの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ターハー・フサイン【Ṭāhā Ḥusayn】

1889‐1973
エジプトの誇る碩学で,アミード・アルアダブ(文学の巨柱)の称号を与えられ,作家でもある。エジプト,ミニヤー県のマガーガ村で,父が製糖会社で働く貧しい家庭に生まれた。3歳の時眼炎にかかり,それが原因で失明。9歳にしてコーランを暗記し,やがてアズハルに入った。そのあたりの経緯は彼の自伝的作品《アイヤームal‐Ayyām(日々の書)》(邦訳あり)に詳しく語られている。〈アブーアラーの回想〉を博士論文に仕上げ,渡仏した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ターハー・フサインの関連キーワード広島(市)ポセイドン饗庭篁村朝日新聞神戸(市)長崎(市)中野(区)あべ静江誠直也バビル2世

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone