コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターボ・ブースト・テクノロジー たーぼぶーすとてくのろじー

1件 の用語解説(ターボ・ブースト・テクノロジーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ターボ・ブースト・テクノロジー

インテルが開発した、CPUに要求される計算量が多い場合にクロック周波数カタログ値より上げて計算能力を向上させる機能。2008年発表のCore i7で初めて搭載された。パソコン側の対応も必要となるが、一定の枠内でオーバークロックを正式な機能として取り入れたものと考えることができる。
単なるオーバークロックはCPUを常時高いクロック周波数で動作させるが、ターボ・ブースト・テクノロジーでは要求される計算量が多い、つまりCPUに対する負荷が高まった時だけ動的にクロック周波数を上げる。
ATOMなどの省電力CPUで、負荷が低い場合にクロック周波数を下げるなどして消費電力を下げるのと逆の発想で搭載された機能とも言える。

(斎藤幾郎 ライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ターボ・ブースト・テクノロジーの関連キーワードARMMMX8086ペンティアムインデオプレステルマックプロSemplon瑕疵 (かし) 担保責任

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ターボ・ブースト・テクノロジーの関連情報