コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターボ・ブースト・テクノロジー たーぼぶーすとてくのろじー

知恵蔵の解説

ターボ・ブースト・テクノロジー

インテルが開発した、CPUに要求される計算量が多い場合にクロック周波数をカタログ値より上げて計算能力を向上させる機能。2008年発表のCore i7で初めて搭載された。パソコン側の対応も必要となるが、一定の枠内でオーバークロックを正式な機能として取り入れたものと考えることができる。
単なるオーバークロックはCPUを常時高いクロック周波数で動作させるが、ターボ・ブースト・テクノロジーでは要求される計算量が多い、つまりCPUに対する負荷が高まった時だけ動的にクロック周波数を上げる。
ATOMなどの省電力CPUで、負荷が低い場合にクロック周波数を下げるなどして消費電力を下げるのと逆の発想で搭載された機能とも言える。

(斎藤幾郎 ライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ターボ・ブースト・テクノロジーの関連キーワードマルチコアマルチコアキャッシュメモリーCore i7動作周波数HyperTransportチップセット仮想化オーバークロックCULV

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android