コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターンティア・トーピー Tāntia Topī

1件 の用語解説(ターンティア・トーピーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ターンティア・トーピー【Tāntia Topī】

1819ころ‐59
インドマラーター王国末期の武将。1857年のインド大反乱に際して,最後のペーシュワー(宰相)の養子ナーナー・サーヒブを立てて戦う。カーンプル占領にも貢献し,すぐれたゲリラ戦術でジャーンシー王国の女王らとともにイギリス東インド会社軍を苦しめた。ナーナー・サーヒブのペーシュワー就位を宣言するがコーターの戦で敗れ,各地を敗走。59年4月裏切りのため捕らえられ,絞首刑となる。【内藤 雅雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ターンティア・トーピーの関連キーワードおらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩人情本バジードー

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone