コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターンティア・トーピー Tāntia Topī

世界大百科事典 第2版の解説

ターンティア・トーピー【Tāntia Topī】

1819ころ‐59
インド,マラーター王国末期の武将。1857年のインド大反乱に際して,最後のペーシュワー(宰相)の養子ナーナー・サーヒブを立てて戦う。カーンプル占領にも貢献し,すぐれたゲリラ戦術でジャーンシー王国の女王らとともにイギリス東インド会社軍を苦しめた。ナーナー・サーヒブのペーシュワー就位を宣言するがコーターの戦で敗れ,各地を敗走。59年4月裏切りのため捕らえられ,絞首刑となる。【内藤 雅雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ターンティア・トーピーの関連キーワード橋本宗吉おらが春アンベールブリジェンス石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android