ダイアン ラッド(英語表記)Diane Ladd

20世紀西洋人名事典の解説


1939.11.29 -
女優。
ミシシッピ州メリディアン生まれ。
セント・アロイシアス・アカデミー卒業後、フランク・コルサロに師事秘書、モデルなどを経て、1959年「Orpheus Descending」で注目を集め、以後、ブロードウェイの「Texas Trilogy」「Morningside Heights」など多くの舞台を踏む。その傍ら、映画にも出演し’74年「アリスの恋」でアカデミー賞候補となったほか、ゴールデン・グローブ助演女優賞を受賞。私生活では俳優のブルースダーンと結婚、1女を儲けるが離婚。’82年自伝「God Give One More Minute」を発表。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
女優

国籍
米国

生年月日
1932年11月29日

出生地
ミシシッピ州メリディアン

本名
Ladner,Rose Diane

学歴
セイント・アロイシアス・アカデミー卒

受賞
ゴールデン・グローブ賞助演女優賞(テレビシリーズ部門,第38回,1980年度)「アリス」

経歴
フランク・コルサロについて舞台の勉強に励んだ後、秘書、モデル、ショーガールを経て、1959年「Orpheus Descending」に出演し、注目される。ブロードウェイの「Texas Trilogy」「Carry Me Back to Morningside Heights」など数多くのステージに出演するかたわら映画にも出演。’74年映画「アリスの恋」でアカデミー賞候補になり、テレビシリーズ「アリス」では’80年度ゴールデン・グローブ賞助演女優賞を受賞。以来存在感のある演技で名脇役を務める。’82年自伝「God Give Me One More Minute」を出版。’92年映画「ランブリング・ローズ」(’91年)では娘のローラ・ダーンと共演、映画史上初めて母娘同時にアカデミー賞にノミネートされた。他の映画出演作に「チャイナタウン」(’74年)、テレビ出演作に「グレース・ケリー物語」(’83年)など。’92年10月初来日。’65年俳優のブルース・ダーンと結婚、娘ローラ・ダーン(のち女優となる)をもうけたが、’69年離婚。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android